OAフロアとは?

OAフロアとは?

OAフロアとは、もともとの床の上に、ネットワークや電話などの配線空間を設け、二重構造の床にした仕様のことです。

フリーアクセスフロア、二重床、OA床、フリーフロアなどとも呼ばれています。

OAフロアを導入することで、床面にケーブルが露出しないため、ケーブルに躓いて怪我をする事も防げます。また、人や物の移動でのケーブルの断線を防ぐ事ができ、会社の大切なデータを守る事にもなります。

OAフロアの歴史と背景

OAフロアは、日本では、フリーアクセスフロアと呼ばれ1964年、日立機材株式会社により販売が開始されました。

当初は、主に、電算室や機械室、半導体製造工場などのクリーンルームの床用として使用されました。

その後、企業内のサーバールームなど、配線が多く、重要なデータを守る必要がある環境に導入され、現在では、OAフロアは、一般的なオフィスでも標準設備になっています。

OAフロアが一般的なオフィスでも導入されている理由

一般的なオフィスでも、電話、コピー、FAXなどのOA機器に加え、社内のLAN環境が標準になり、多数のケーブルが使われるようになってきました。

お客様の情報や、取引先との大切なデータなどを、パソコンで情報共有している場合も多くなっています。

床にケーブル類が露出している状態では、ケーブルに躓いて、あるいは、椅子に引っかけて、断線したら、大変な損失や事故につながる可能性があります。

OAフロアを導入することで、会社の大切な資産を守り、ケーブル関連の事故も未然に防ぐことが出来ます。

配線モール等の簡易的な方法もありますが、どうしても段差ができてしまい、躓き事故の不安を完全に解消することは難しいですし、レイアウト変更も簡単ではありません。

OAフロアを導入することで、ケーブル関連の事故を未然に防ぎ、デスクの増設やレイアウト変更が容易になります。 快適なオフィス環境を実現するためにもOAフロアの導入をお勧め致します。

こちらもお役に立つ情報ですので、ご覧ください。

失敗しないOAフロアの導入方法とは?

OAフロアの価格の目安について

OAフロア見積.comは、OAフロアの見積書を複数業者から無料・匿名で、一括して受取れる全国対応のサービスです。

ご利用いただきましたお客様より、「安心して比較検討が出来た!」 との評価を頂いております。

(お客様の声はこちらから )

(OAフロア施工事例はこちらから )

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、ガタツキ等で不便を感じながら、使い続けることにならないよう、慎重に比較検討することが重要です。

OAフロア見積.COMには、北海道から沖縄県まで、技術力のあるOAフロア専門業者が多数登録しておりますので、安心して、ご利用ください。

お客様は、ご要望をお問合せシートに入力するだけで、ニーズに合った複数業者の見積書がメールにて届きます。

メンテナンス力のあるOAフロア専門業者が、競争力のある価格でご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼

トップへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ