OAフロアの耐荷重規格の考え方とは?

OAフロアの耐荷重規格について

OAフロアを導入する際に最初に検討する項目が、耐荷重性能についてです。現在では、主に2000N~6000N仕様のOAフロアが販売されています。(耐荷重性能により、価格が大きくかわります

耐荷重規格の基本的な考え方としては、1㎡あたり最大で何Kgまで、搭載できるかの仕様です。(詳細な試験については次項をご参照ください)

例えば、3000N仕様のOAフロアであれば、1㎡あたりの集中耐荷重が、おおよその目安として、200Kg~300Kgになります。

OAフロアの導入をご検討中のお客様は、まず初めに事務所内の最大重量物をご確認ください。*最終的には、床面(施工面)を含め、専門業者による現場確認が必要です。

一般的な用途分類については、下記の通りです。

一般的な用途分類

  • 3000N ( 軽荷重用 )
  • 一般的な事務室やOA機器・パソコンなどの軽量機器用。

  • 5000N ( 重荷重用 )
  • 重量機器用 コンピュータ室、機械室、サーバルームなどに。

耐荷重試験について

耐荷重試験を行う場合は、OAフロアの最弱部に一定のN(力を表す単位でニュートンと呼ぶ)を加え、搭載時の変形が規定値以内であるか、荷重除去後の残留変形が規定値以内であるか否かを試験し判定致します。

OAフロアを敷設するにあたっては、利用環境を想定してどの程度の強度が必要かを確認し、規格に基づいて、最適なOAフロアを選定することが大切です。

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、ガタツキ等で不便を感じながら、使い続けることにならないよう、慎重に比較検討することが重要です。

当サイトでは、OAフロアの見積書を複数の業者から無料・匿名で、一括して受取れる全国対応のサービスを提供しています。

北海道から沖縄県まで、技術力のあるOAフロア専門業者が多数登録しておりますので、安心してご利用ください。

OAフロア見積.COMのご利用メリット

  • サービスのご利用は、すべて無料です。
  • 匿名なので、無理な営業を受けることはありません。
  • 忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  • 価格・実績・提案内容等、多方面から比較検討できます。
  • お客様のニーズに合ったOAフロアの見積書が届きます。
  • お客様のペースで、じっくりとOAフロア業者を選ぶことが出来ます。
  • 工事込みの安心価格でご提案致しますので、導入後も安心です。

こちらの関連記事も参考にご覧ください。

失敗しないOAフロアの導入方法とは?

OAフロアの価格の目安について

樹脂製OAフロア(置敷式)を導入する際の注意点

OAフロアをご検討中のお客様へ下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • 複数のOAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

当サイトで上記の悩みは全て解決できます!

お客様の声はこちらから

お客様は、ご要望をお問合せシートに入力するだけで、ニーズに合った複数業者の見積書がメールにて届きます。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、お客様に最適なOAフロアをご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。

OAフロア電話番号0120-920-177

0120-920-177」(9:00-18:00 土日・祝日休み)にお電話ください。

(スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)

サブコンテンツ

このページの先頭へ