OAフロア仕様比較

OAフロアの仕様と特徴について

OAフロアは、材質・用途・構造・耐荷重性能・配線容量等により、多くの種類があります。

こちらのページでは、主なOAフロアの特徴等を説明しておりますので、OAフロアの仕様を選ぶ際の参考にしてください。


置敷式溝配線床の特徴

置敷式溝配線床の特徴とは?

素材は主に、高強度コンクリート等で、形状はブロック状のマットです。

厚みのあるコンクリート板に溝があり、その中にケーブルを通すOAフロアです。

溝のカバーは鉄鋼製のものが多く、素材の割には軽量です。

溝部分に配線を通すので、配線容量はやや少なめですが、一般的なオフィス環境には充分対応可能。

床高調整式二重床の特徴

床高調整式二重床の特徴とは?

素材は主に、コンクリートやスチール製。

パネルの下に支柱があり、パネルと支柱を分離できるので、高さ調整が可能なOAフロアです。

床下部分を自由に使えるため、配線の変更・増設の自由度も高いことが特徴です。

高さ調整の幅が広く、調整できる為、新築の場合や配線が多いフロアに主に導入されています。

置敷式簡易二重床の特徴

置敷式簡易二重床の特徴とは?

素材は主にプラスチック製で、プラスチックのパネルと支柱が一体型タイプのOAフロアです。

3種類の中では一番安価だが、不陸調整(レベル調整)が出来ない為、施工面(床面)の状況で、導入出来ない場合があります。

また、歩行感・耐久性・耐燃焼性に課題があり、主に小規模なオフィスで導入されているOAフロアです。


以上が、主なOAフロアの仕様とその特徴についてのご説明です。

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、ガタツキ等で不便を感じながら、使い続けることにならないよう、慎重に検討することが大切です。

下記の関連ページでは、さらに詳しく説明しておりますので、参考にご覧ください。

→ 「OAフロアの材質別種類とは?」

→ 樹脂製OAフロア(置敷式)を導入する際の注意点


OAフロア OAフロア OAフロア

当サイト「OAフロア見積.com」は、OAフロアの見積書を無料・匿名・一括で、受取れる全国対応のサービスです。

OAフロア工事の見積サイトとして、多くのお客様にご活用頂いております。

→ 「お客様の声」はこちらから

→ OAフロアの価格の目安について


OAフロア見積.COMのご利用メリット

  1. サービスのご利用は、すべて無料です。
  2. 匿名なので、無理な営業を受けることはありません。
  3. 忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  4. 価格・実績・提案内容等、多方面から比較検討できます。
  5. お客様のニーズに合ったOAフロアの見積書が届きます。
  6. お客様のペースで、じっくりとOAフロア業者を選ぶことが出来ます。
  7. 工事込みの安心価格でご提案致しますので、導入後も安心です。

OAフロアをご検討中の方へ、下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • OAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

上記で、お困りの方は、お気軽にお問合せください。

お客様は、「無料見積依頼フォーム」に入力するだけで、ニーズに合ったOAフロア工事の見積書がメールかFAXで届きます。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、お客様に最適なOAフロアをご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼


OAフロア見積.comTOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ