サーバールーム用OAフロアについて

サーバールームにOAフロアを導入する際のポイント

サーバー室は、一般的なオフィスよりも、ケーブル類が多く、機器の重量も重い為、OAフロアを導入する際は、慎重に仕様・性能を検討することが重要です。

また、会社の大切な資産である各種データが入っているサーバーの設置箇所ですので、OAフロアを導入する際は、専門業者に提案依頼することをお勧めします。

下記にサーバールームにOAフロアを導入する際に留意するポイントについて、ご紹介します。


サーバールームにOAフロアを導入する際のポイントと注意点

サーバールーム用OAフロアは、特殊用途になりますので、一般的なオフィス用途と比較して、より、慎重に検討する必要があります。

*特に重点的にご検討いただく項目は、下記の通りです。


配線容量

サーバールームでは、多くの配線やケーブルを使用するので、配線容量が多いタイプのOAフロア(フリーアクセスフロア)を選びます。

耐荷重性能

サーバールームには、多くのサーバーやその他の重量のある機器を設置するため、耐荷重性能が高いOAフロア(フリーアクセスフロア)を選びます。

例:5000N ( 重荷重用 )以上

耐震性能

サーバールームにある、大切な機器類が破損する事が無いよう、耐震性の高いOAフロア(フリーアクセスフロア)を選びます。

耐震仕様とは、㎡あたりの積載荷重が300kg/㎡、500kg/㎡等の時に、許容水平加速度(G)がどのくらいの仕様なのかの基準です。

ウィスカ対策

ウィスカ(ウイスカ、ウィスカー、ホイスカとも呼ばれる。)とはヒゲ状結晶の事です。

亜鉛のウィスカが、サーバールーム内に浮遊して、コンピュータ機器の中に入り込み、プリント基板や端子部分で電気的短絡が発生することにより問題が生じる場合がありますので、注意が必要です。

帯電防止性能

コンピュータ機器を静電気障害から守るための性能が高いOAフロア(フリーアクセスフロア)を選びます。

*以上が、サーバールームにOAフロアを導入する際の主なポイントと注意点です。


サーバールーム等の用途で、OAフロアを導入する際は、実績が豊富な専門業者へ、相談することが重要です。

当サイト「OAフロア見積.com」は、OAフロアの見積書を無料・匿名・一括で、受取れる全国対応のサービスです。

OAフロア工事の見積サイトとして、多くのお客様にご活用頂いております。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、当サイトへ登録しておりますので、お気軽にお問合せください。

→ 「お客様の声」はこちらから


OAフロア見積.COMのご利用メリット

  1. サービスのご利用は、すべて無料です。
  2. 匿名なので、無理な営業を受けることはありません。
  3. 忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  4. 価格・実績・提案内容等、多方面から比較検討できます。
  5. お客様のニーズに合ったOAフロアの見積書が届きます。
  6. お客様のペースで、じっくりとOAフロア業者を選ぶことが出来ます。
  7. 工事込みの安心価格でご提案致しますので、導入後も安心です。

OAフロアをご検討中の方へ、下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • OAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

上記で、お困りの方は、お気軽にお問合せください。

お客様は、「無料見積依頼フォーム」に入力するだけで、ニーズに合ったOAフロア工事の見積書がメールかFAXで届きます。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、お客様に最適なOAフロアをご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼


OAフロア見積.comTOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ