OAフロアをリースで導入する方法

このページでは、OAフロアをリースで導入する場合のメリットとデメリットについて、ご紹介致します。

リースの主なメリット

①資金調達が不要

月々のリース料をお支払いいただくだけなので、初期費用が掛からず、資金調達が不要です。

②資産管理が楽

リースなら減価償却・固定資産税の申告・納付、動産総合保険の付保・保険手続きが不要です。費用は毎月定額のリース料だけなので、管理が簡単です。

リースの主なデメリット

①OAフロアの所有権がリース会社

所有権はリース会社が持っています。

②金利負担がある

リースで導入する場合、金利負担があります。

③一定の審査がある

リースで導入する場合は、リース会社の審査があります。

OAフロアのリース情報

①リース期間について

5年~7年からお客様のご利用期間に合わせて設定していただきます。(リース会社により異なります。)

②リース期間中の中途解約について

リース契約は中途解約できません。やむを得ず中途解約する場合、残存リース料総額を一括お支払いいただくことになります。

③リース期間満了後について

再リースにより継続してご利用いただけます。再リース料は基本リース料の1/10で、再リース時に1年分を一括でお支払いすることで、ご利用できます。(ご利用予定のリース会社へご確認ください。)

④保険について

リース物件が、自然災害等で破損した場合は、動産総合保険の適用が可能な場合があります。

以上が、リースを利用して導入する場合のメリット・デメリットについてのご紹介です。


*当サイトでは、OAフロアの導入を検討されているお客様向けに、お役に立つ情報の提供と導入サポートを行っています。

こちらもお役に立つ情報ですので、ご覧ください。

失敗しないOAフロアの導入方法とは?

OAフロアの価格の目安について

OAフロア見積.comは、OAフロアの見積書を複数業者から無料・匿名で、一括して受取れる全国対応のサービスです。

北海道から沖縄県まで、技術力のあるOAフロア専門業者が多数登録しておりますので、安心してご利用ください。

OAフロアは、長期間使用する設備ですので、複数業者の見積や仕様案を比較・検討することから、始めましょう。

お客様は、ご要望をお問合せシートに入力するだけで、ニーズに合った複数業者の見積書がメールにて届きます。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼

サブコンテンツ

このページの先頭へ