OAフロアを現事務所に導入する際の確認ポイント

OAフロアを現事務所に導入する際の確認ポイントについて

OAフロアを現在の事務所に導入する際に事前にご確認いただきたいポイントについて、ご説明致します。

オフィスの最大重量物(Kg)を確認しましょう。

OAフロアを導入する際に最初に検討する項目が、耐荷重性能についてです。(耐荷重性能により、価格が大きくかわります)

耐荷重規格の基本的な考え方としては、1平方メートルあたり最大で何Kgまで、搭載できるかの仕様です。 OAフロアの導入を検討されているお客様は、事務所内の書庫等の最大重量物をご確認ください(書類等を収納している状態)

詳しくは、こちらをご覧ください。

耐荷重規格(搭載荷重)の考え方とは?

OAフロアの使用用途を決定しましょう。

一般的なオフィスかサーバールーム(コンピュータルーム)かにより、仕様が大きく異なります。仕様が異なる事で金額も変わってきます。どのような目的でOAフロアを導入するのかをご検討ください。

OAフロアの配線容量を確認しましょう。

事務所内の配線容量により、OAフロアの必要な床高(仕様)を決定します。将来の人員や設備を想定して、検討することが大切です。

*OAフロアは、二重床にしますので、床上げしても、圧迫感がない高さに設定することも重要です。(建築基準法では、床から天井まで2m10cm以上が必要とされています。)

詳しい施工手順はこちらをご覧ください。

OAフロアを現事務所に導入する際の施工手順


OAフロアの施工事例はこちらから

施工工程(参考)はこちらから

当サイトでは、OAフロア工事の見積書を複数の業者から無料・匿名で、一括して受取れる全国対応のサービスを提供しています。

北海道から沖縄県まで、技術力のあるOAフロア専門業者が多数登録しておりますので、安心してご利用ください。

OAフロアをご検討中のお客様へ下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • 複数のOAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

当サイトで上記の悩みは全て解決できます!

お客様の声はこちらから

お客様は、ご要望をお問合せシートに入力するだけで、ニーズに合った複数業者の見積書がメールにて届きます。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。

OAフロア電話番号0120-920-177

0120-920-177」(9:00-18:00 土日・祝日休み)にお電話ください。

(スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)

サブコンテンツ

このページの先頭へ