失敗しないOAフロアの導入方法とは?

OAフロアを導入する際のポイント

OAフロアを導入する際の主なポイントについて、ご説明致します。

OAフロアとは、既存の床の上に、新たに配線空間を設け、二重構造の床にした仕様のことで、フリーアクセスフロア、二重床、OA床、フリーフロアなどの名称でも呼ばれています。

OAフロアは、用途・構造・材質・耐荷重性能・配線容量などによって、多くの種類があります。

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、各々の特徴を理解した上で、自社の用途に合うOAフロアを導入することが大切です。

こちらのページでは、失敗しないOAフロアの導入方法について、主なポイントをご紹介致します。


OAフロア OAフロア OAフロア

OAフロアを導入する際の主な検討項目

OAフロアを導入する際の主な検討項目について、ご説明致します。

下記の項目以外にも、ご検討が必要ですので、導入後の不安解消の為にも、OAフロア業者へ、相談することをお勧め致します。

OAフロアの耐荷重規格

OAフロアを導入する際の検討項目として、耐荷重性能があります。現在では、主に2000N~6000N仕様のOAフロアが販売されています。

*OAフロアの価格は、耐荷重性能により、大きく変動します。

耐荷重規格の基本的な考え方としては、1㎡あたり最大で何Kgまで、搭載できるかの仕様です。

*OAフロアの導入をご検討中の方は、事務所内の最大重量物を確認することで、仕様を決定する根拠になります。


OAフロアの主な材質別種類と特徴

OAフロアには、主に下記の材質別の種類があります。

ご利用用途や導入規模に応じて、慎重にご検討ください。

1、プラスチック製(合成樹脂)OAフロア
  • 不陸調整(レベル調整)が出来ない。
  • 軽量で建物への負担が少ない
  • 導入コストが比較的安価である。
  • 耐久性と耐燃焼性に課題がある。
  • 樹脂製特有の歩行感。
  • オフィス、店舗等の用途(小規模向き)
  • 施工面(床面)の状況で、導入出来ない場合がある。
2、スチール製OAフロア
  • レベル調整が可能。
  • 床下空間が広い。
  • ガタつきが出にくい。
  • 軽量である。
  • 一般的なオフィス、コンピュータ室等の用途
3、アルミ製OAフロア
  • 優れた強度。
  • 軽量である。
  • レベル調整が可能。
  • 歩行感が良い。
4、コンクリート製OAフロア
  • 歩行感が良い。
  • 強度の高い製品もあり。
5、充填パネル(コンクリート)製OAフロア
  • スチール製の特徴に加え、歩行感が良い
  • 耐久性がある。

*以上が、OAフロアの主な材質別種類と特徴です。


OAフロアの配線容量

OAフロアの配線容量(床上高)は、現在、一般的なオフィス用途では、主にh=40mm~h=300mmのOAフロアが販売されています。

下記に、配線容量のポイントから、各々の特徴を簡単にご説明致します。

OAフロア種類 特徴 配線容量
置敷式溝配線OAフロア 形状はブロック状のマット、溝部分に配線を通す。 やや少なめ。
床高調整式OAフロア パネルと支柱を分離できるので、高さ調整が可能。 配線容量は多い。
簡易置敷式OAフロア プラスチックパネルと支柱が一体型のタイプ。 主にH50~H95mm。

以上が、OAフロアを導入する際のポイントと主な検討項目です。

*OAフロアの導入を検討する際は、価格は大切なポイントです。

しかし、価格を最優先に検討すると、仕様が合っていない等の事由で、導入後にガタツキ等の問題が生じる可能性があります。

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、ガタツキ等で不便を感じながら、使い続けることにならないよう、慎重に検討することが大切です。

当サイト「OAフロア見積.com」は、OAフロアの見積書を無料・匿名・一括で、受取れる全国対応のサービスです。

北海道から沖縄県まで、技術力のあるOAフロア業者が、当サイトへ登録しておりますので、お気軽にお問合せください。

OAフロア工事の見積サイトとして、多くのお客様にご活用頂いております。

→無料見積依頼・お問合せページへ

*ご検討の結果、お客様のご要望に合わなければ、遠慮なくお断りください。


OAフロア見積.COMのご利用メリット

  1. サービスのご利用は、すべて無料です。
  2. 匿名なので、無理な営業を受けることはありません。
  3. 忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  4. 価格・実績・提案内容等、多方面から比較検討できます。
  5. お客様のニーズに合ったOAフロアの見積書が届きます。
  6. お客様のペースで、じっくりとOAフロア業者を選ぶことが出来ます。
  7. 工事込みの安心価格でご提案致しますので、導入後も安心です。

OAフロアをご検討中の方へ、下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • OAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

上記で、お困りの方は、お気軽にお問合せください。

お客様は、「無料見積依頼フォーム」に入力するだけで、ニーズに合ったOAフロア工事の見積書がメールかFAXで届きます。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、お客様に最適なOAフロアをご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼


OAフロア見積.comTOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ