OAフロアを移転時に導入する際の確認ポイント

OAフロアを移転時に導入する際の確認ポイント

OAフロアを移転時に導入する際の確認ポイントについて、まとめていますので、参考にご覧ください。

OAフロアは、用途・構造・材質・耐荷重性能・配線容量などによって、多くの種類があり、価格がそれぞれことなります。

OAフロアを移転時に導入する際は、自社の使用用途を明確にしたうえで、慎重に検討することが大切です。


OAフロア OAフロア OAフロア施工事例

OAフロアを移転時に導入する際の確認ポイント

*OAフロアを移転時に導入する際の確認ポイントは、下記の通りです。

OAフロアの使用用途を決定する。

OAフロアの主な用途別種類は、下記の通りです。

  • OAルーム用
  • 一般的なオフィスで、導入されるOAフロアです。

  • サーバールーム用
  • コンピュータ室・交換機室・サーバー機器を主に設置する部屋用のOAフロアです。

  • クリーンルーム用
  • 半導体、薬品、精密機器、食品等の製造工場で主に使用される、清浄な空調空気を流通できるように考慮された特殊なOAフロアです。

  • その他
  • その他用途のOAフロア

耐荷重仕様を決定する。

OAフロアを導入する際の検討項目として、耐荷重性能があります。

現在では、主に2000N~6000N仕様のOAフロアが販売されています。

*OAフロアの価格は、耐荷重性能により、大きく変動します。

耐荷重規格の基本的な考え方としては、1㎡あたり最大で何Kgまで、搭載できるかの仕様です。

オフィス内の最大重量物を確認することで、仕様を決定する根拠になります。

OAフロアの配線容量を決定する。

オフィス内の必要な配線容量により、OAフロアの床上高を決定します。

OAフロアの床上高を選定する際の主なポイントは、下記の2点です。

  1. 導入予定の事務所内の配線容量を基に検討する。
  2. 天井高を確認しながら、圧迫感のない床上高を検討する。

*現在では、一般的なオフィス用途では、主にh=40mm~h=300mmのOAフロアが販売されています。

*一般的なオフィスの場合は、h=50mmを基準に上記の2点を参考にOAフロアの床上高をご検討ください。

施工時期を決定する。

オフィスの移転スケジュールに合わせて、工事工程を組むことが大切です。


*以上が、OAフロアを移転時に導入する際の主な確認ポイントです。

OAフロアは、長期間使用できる設備ですので、ガタツキ等で不便を感じながら、使い続けることにならないよう、慎重に検討することが大切です。


当サイト「OAフロア見積.com」は、OAフロアの見積書を無料・匿名・一括で、受取れる全国対応のサービスです。

OAフロア工事の見積サイトとして、多くのお客様にご活用頂いております。

→ 「お客様の声」はこちらから

→  OAフロアを移転時に導入する際の価格の目安


OAフロア見積.COMのご利用メリット

  1. サービスのご利用は、すべて無料です。
  2. 匿名なので、無理な営業を受けることはありません。
  3. 忙しいお客様の時間や手間が省けます。
  4. 価格・実績・提案内容等、多方面から比較検討できます。
  5. お客様のニーズに合ったOAフロアの見積書が届きます。
  6. お客様のペースで、じっくりとOAフロア業者を選ぶことが出来ます。
  7. 工事込みの安心価格でご提案致しますので、導入後も安心です。

OAフロアをご検討中の方へ、下記のことでお困りではありませんか?

  • OAフロアの概算の金額を知りたい。
  • OAフロア業者の見積りを比較したい。
  • OAフロアは種類や仕様が多く、複雑でわかりにくい。
  • 日常業務が忙しく、検討する時間がない。
  • 自社の使用用途に合うOAフロアを導入したい。
  • どこに問い合わせればいいか分からない。
  • 検討段階で現場確認までお願いするのは気が引ける。
  • いきなり、会社名や連絡先を教えるのは抵抗がある。
  • 忙しいのでしつこい営業は受けたくない。

上記で、お困りの方は、お気軽にお問合せください。

お客様は、「無料見積依頼フォーム」に入力するだけで、ニーズに合ったOAフロア工事の見積書がメールかFAXで届きます。

北海道から沖縄県まで、技術力・価格競争力のあるOAフロア業者が、お客様に最適なOAフロアをご提案致します。

もちろん、ご利用はすべて無料です。

まずはお気軽に無料見積依頼をどうぞ。

OAフロア無料見積依頼


OAフロア見積.comTOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ